ストラッシュとラココ、ディオーネの9つの違いとは?

  • ストラッシュとラココ、あとディオーネだと、どこが良いの?
  • 部位別にお勧めのサロンってどこ?
  • ストラッシュとディオーネって、同じ脱毛法なの?

 

ストラッシュとラココ、ディオーネでは、痛みを感じにくい脱毛方法を採用しています。

 

ストラッシュ、ラココ、ディオーネの脱毛ジェル塗布風景イメージ

 

この3サロンは、近年人気が急上昇していることもあり、よく比較される傾向にあります。

 

実際、どこの脱毛サロンに通うのか、このストラッシュ、ラココ、ディオーネで絞り切れないといった悩みを抱える女性も多くいらっしゃいます。

 

このページでは、ストラッシュとラココ、ディオーネを一目で比較できるように、項目別に分けて解説しています。

 

費用だけで選ぶのは止めて、以下でご紹介している複数の項目で比較した上で絞るようにしましょう。

 

可能なら、2サロンで無料カウンセリングを受けて比較して欲しいのですが、その前に必ず以下を読んで予備知識を付けておくと失敗のリスクを最低限に抑える事ができます。

 

 

まずは各サロンの公式HPを確認しよう

 

プランごとに料金を比較

 

以下のまとめを見れば、それぞれのサロンの、回数パックや月額プランの料金がわかります。

 

回数パック

  • ストラッシュ…6回95,760円、12回181,800円
  • ラココ…5回79,000円(顔とVIOを含む)、5回59,000円(顔とVIOを含まない)
  • ディオーネ…6回210,000円、12回360,000円

 

月額プラン

  • ストラッシュ…7,980円
  • ラココ…3,000円から(総額を分割)
  • ディオーネ…なし

 

都度払い

  • ストラッシュ…21,980円(施術回数が増えると安くなる)
  • ラココ…全身脱毛の都度払いはなし
  • ディオーネ…37,800円など(都度払いがある店舗とない店舗がある)

 

ラココには、自分で脱毛部位や脱毛回数を決められる、オーダーメイドプランもあります。

 

また、ディオーネでは、SパーツとLパーツの中から4カ所ずつ脱毛部位を決めて脱毛することも可能。

 

その場合は、回数パックプランの半額ほどの料金で脱毛できます。

 

通い放題プランの料金

 

では、通い放題プランの料金は、どうなっているのでしょうか?

 

  • ストラッシュ…369,800円
  • ラココ…600,000円(顔とVIOを含む)、400,000円(顔とVIOを含まない)
  • ディオーネ…なし

 

ラココは、ストラッシュに比べると高額です。

 

しかし、月額プランで支払うことも可能。

 

その場合の毎月の支払い額は、それぞれ、18,000円と12,000円です。

 

施術時間と1回の施術の脱毛範囲

 

  • ストラッシュ…30分から60分。全身を脱毛。月額プランは全身の4分の1
  • ラココ…20分から40分。全身を脱毛
  • ディオーネ…90分から120分。全身を脱毛

 

ジェルの有無

 

  • ストラッシュ…あり
  • ラココ…あり
  • ディオーネ…あり(ホットジェル)

 

脱毛をするときは、高温の光を当てるのが一般的。

 

そのため、通常は、冷たいジェルを塗ってから光を当てます。

 

しかし、ディオーネでは、38度ほどの光を当てるので、ホットジェルを使用しています。

 

それぞれのサロンで使用しているジェルは、植物エキスやうるおい成分入りです。

 

痛みの少ない脱毛方法

 

各サロンの、脱毛方法と脱毛機についても、以下で比べてみましょう。

 

  • ストラッシュ…SHR脱毛とIPL脱毛。バイマッハ
  • ラココ…SHR脱毛。ルミクスツイン
  • ディオーネ…ハイパースキン脱毛。ハイパースキンKAREN

 

SHR脱毛は、毛包に弱めの熱の光を当てる脱毛方法。

 

ハイパースキン脱毛は、休止期の発毛因子に弱めの熱の光を当てて、発毛を抑制する脱毛方法です。

 

どちらも、光の温度が低い上に、今生えている毛に反応する脱毛方法ではないため、痛みを感じにくいのです。

 

短い間隔で通える

 

SHR脱毛やハイパースキン脱毛は、毛周期に関係なく通えます。

 

  • ストラッシュ…最短で2週間に1回
  • ラココ…1カ月に1回
  • ディオーネ…1カ月に1回

 

大体、1カ月に1回ほどのペースで通えると考えておくと良いでしょう。

 

シェービング料金

 

  • ストラッシュ…シェービング無料。月額プランと都度払いは1,000円。
  • ラココ…うなじとえりあし、背中は無料。それ以外の剃り残し部位は1カ所につき1,000円
  • ディオーネ…剃り残し部位に限り無料

 

シェービングは、無料でないケースもあるので、無料の対象になっている部位やプランをよく確認することが大切です。

 

キャンセル料金

 

  • ストラッシュ…キャンセルは前日の20時までに連絡をすれば無料。それ以降は1回分消化
  • ラココ…前日の営業時間内までに連絡をすれば無料。それ以降は2,000円
  • ディオーネ…前日の19時までに連絡をすれば無料。それ以降は1回分消化

 

キャンセルは、前もって連絡をすれば、別途料金は発生しません。

 

乗り換え割のお得度を比べてみよう

 

各サロンには、今まで通っていたサロンからお得に乗り換えられる、乗り換え割があります。

 

  • ストラッシュ…最大30パーセントオフ。月額プランは初月無料
  • ラココ…契約料金の5パーセントから10パーセントのラココ商品券をプレゼント
  • ディオーネ…店舗によっては回数パックに限り最大10パーセントオフになることもある

 

ラココは、プランによっては、最大で30パーセントもお得になります。

 

ディオーネは、乗り換え割がない店舗もあるので、事前に確認しておくことが大事です。

 

各サロンの特徴を再チェック

 

最後に、各サロンの特徴をもう一度確認しましょう。

 

  • ストラッシュ…脱毛部位に合わせてSHR脱毛とIPL脱毛を使う。全身の都度払いプランがあるため、他のサロンで物足りなかった人も利用できる
  • ラココ…SHR脱毛なので、シミや日焼け肌にも照射できる。どのプランも1回の施術で全身の脱毛が可能
  • ディオーネ…1回の施術で全身脱毛できる。光の体感温度が38度ほどなので、全身脱毛でも苦痛を感じにくい

 

SHR脱毛やハイパースキン脱毛は、シミやホクロにも照射できるので、より多くの人が脱毛を体験できます。

 

通ってみたいサロンが見つかったでしょうか?

 

シェービング代や、割引制度などもしっかり確認してから決めましょう。

 

 

|その他の脱毛サロン比較
【比較】キレイモ、シースリー、銀座カラーの選別9項目!

脱毛サロンで痛みを感じやすくなる人の特徴とは?

脱毛の施術の痛みは人によって違います。

 

そのため脱毛をしたことがない方は、痛みへの不安もあるでしょう。

 

ここでは、脱毛サロンで痛みを感じやすくなる人の特徴をご紹介します。

 

肌の水分量が少ない

 

脱毛サロンの施術では、ムダ毛に熱エネルギーを発生させます。

 

つまり肌の内部の熱が上がるため、水分が蒸発しやすくなるのです。

 

肌の水分が失われることで痛みを強く感じやすいのですね。

 

  • 肌の表面がかさついている
  • 肌のキメが粗い
  • 乳液やクリームの保湿をしていない
  • 肌がくすんだりごわついている

 

こういったことに心当たりがある場合は、肌の水分が不足している可能性があります。

 

すでに乾燥肌や敏感肌の症状が出ているのであれば、痛みも感じやすいでしょう。

 

また、入浴後は肌が突っ張ると言う方も、もともと肌の水分量が少ないと考えられます。

 

ただし水分保持力は改善できますから、脱毛を受ける前にしっかりケアをすれば問題ありません。

 

むだ毛の色が濃く太い

 

光脱毛は、メラニン色素に反応する光を照射します。

 

この反応が大きいほどムダ毛に発生する熱量も大きくなり、肌はその熱による刺激で痛みを感じます。

 

ですので、むだ毛の色が濃かったり太かったりすると、どうしても痛みが強くなってしまいます。

 

ただし施術を繰り返していくと発毛機能が弱まるため、むだ毛は細くなります。

 

メラニン色素への反応が弱くなれば熱量も小さくなりますから、その分痛みも軽減されます。

 

毛質が原因の痛みは、脱毛の効果が現れてくれば無くなっていきます。

 

そもそも、施術を受けるときに感じる痛みはしっかり熱が発生している証拠です。

 

男性のヒゲ脱毛では、毛が濃い分、痛みが強くなりますが、女性の場合は男性の剛毛を脱毛するよりは痛みは少ない傾向にあります。

 

どうしても我慢ができない場合は、スタッフに言えば冷却や出力レベルを下げるなど、痛みを緩和する対処をしてもらえるので安心してください。

 

施術の痛みの強さに関しては、実際に受けてみないと分からないのが実情です。

 

ですが、怖いからと言って脱毛をしなければ、一生自己処理をすることになります。

 

お店によっては、カウンセリングでお試し照射をしてくれるところもあるので、一度体験して痛みの度合いを確認してみるのがおすすめです。